すぐにお金が必要な時

急ぎでお金が必要となった時に、どこで借りるのが一番いいのか?そこで、急いでいる時にお勧めの金融業者はどこなのか調べてみました。

お金がない

 

「即日融資・すぐに借りれる」といった金融業者も数多くあるんですが、実際は審査時間も長く、借入まで数日かかる…なんて場合もあります。

 

もしこのような所に申込みしてしまったら、その日に借りる事なんて出来ません。

 

慌てて違うカードローン業者に申込みしたとしても、最初に申込みした情報が入っていて審査に通らなくなる可能性も有ります。(ローン申し込みが複数ある場合は、その分審査も厳しくなる可能性があります。)

 

そうなってからでは遅いので、審査時間も早くスピーディーな対応をしてくれる金融業者を利用するようにしましょう。

 

急ぎの時にお勧めのカードローン

アコム

アコム
アコムのカードローンは、最短30分のスピード融資となっており、早ければ申込み後1時間でお金を借りる事が可能となっています。しかも、初めて利用する方は30日間無利息で利用できますよ。

 

<急ぎの時は>
即日融資をご希望される方は、平日14時までに申込み・必要書類(運転免許証または健康保険証・パスポートの写し)を提出する必要があります。
出来るだけ、午前中など早めに申込みして審査結果の連絡を待っておくのがいいでしょう。無事審査に通れば、銀行口座に振込してもらえますよ。

 

<申込み>
電話からでも可能なんですが、インターネット上からの申込みが最もスピーディーで簡単なので、急ぎの時はネットから申込みするといいですよ。(スマホからでも申込み出来ます。)
運転免許証などの必要書類も、携帯のカメラなどで撮影してアコムにアップロードすることが出来るので、簡単です。スマホの場合はアコム専用アプリもありますよ。

 

<土日祝日>
土日祝日の場合は、銀行営業時間外のため振込が出来なくなっています。なので、土日祝日に即日融資希望の方は、ネット申込み後、審査通過の連絡が入ったら、アコムの無人契約機に行くといいですよ。
自動契約機で、ローンカードの発行が出来るのでカードを発行して、そのままカードを使ってお金を借りる事が出来ます。

 

平日14時までの申込み・必要書類(運転免許証または健康保険証・パスポートの写し)の提出に間に合わなかった場合も、自動契約機でローンカードを発行してもらう事で、その日のうちに借入する事が可能となりますよ。

 

カード発行までスムーズに出来るように、申込みはネット上からしておくようにしましょう。

 

【自動契約機(むじんくん)の営業時間】
9:00〜21:00/年中無休

 

≫アコム ネット申込みはこちらから

 

 

プロミス

プロミス
プロミスカードローンも、アコムと同じように最短で当日振込が可能となっています。(※平日14時までにWEB契約完了が必要)
プロミスも、電話申し込みよりインターネット上からの申込の方が簡単でスムーズなのでお勧めです。

 

当日振込は、平日14時までにWEB契約完了(申込み・必要書類の提出)が必要となりますが、完了していれば審査結果の上、当日中の振込が可能となっています。来店不要で利用する事が出来るので便利ですよね。

 

土・日・祝日、平日14時以降の場合は、ネット申込み後に必要書類(免許証や保険証など)を持参して、お近くの自動契約機に行き、ローンカードを発行してもらうといいでしょう。

 

【自動契約機の営業時間】
9:00-22:00/年中無休

 

≫プロミス ネット申込みはこちらから

 

 

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行
三菱東京UFJ銀行から発行されているカードローン バンクイックも、最短即日融資が可能となっているので、急ぎの時にお勧めです。三菱東京UFJ銀行に口座を持っていない方でも利用可能となっていますよ。

 

急ぎの時は、ネット上でカードローンの申し込みを済ませ、審査通過の連絡が入ったら、三菱東京UFJ銀行内に設置されているテレビ窓口(カード発行機)に行って、ローンカードを発行してもらいましょう。

 

ローンカードが発行できれば、その場でお金を借りる事が出来ますよ。審査時間は最短30分となっており、早ければ申込から1時間ほどでカード発行する事も可能となっています。

 

土日祝日もテレビ窓口は営業しているので、カードを作る事が出来ますよ。

 

【テレビ窓口の営業時間】
9:00-22:00/平日
10:00-18:00/土・祝日
10:00-17:00/日

 

≫三菱東京UFJ銀行 ネット申込みはこちらから

 

 

住信SBIネット銀行・みずほ銀行の口座をお持ちの方

住信SBIネット銀行・みずほ銀行いずれかの口座をお持ちの方は、お持ちの口座の銀行カードローンであれば、即日中にお金を借りる事が可能となっています。

 

住信SBIネット銀行・みずほ銀行のカードローンは、キャッシュカードがそのままローンカードとして利用する事が可能となるため、ローンカードを発行する必要がありません。その為、ネット申込みをして審査に通過すれば、お持ちのキャッシュカードを使ってすぐにお金を借りる事が可能となっています。

 

なので、住信SBIネット銀行・みずほ銀行の口座をお持ちの方は、こちらに申込みしてみるといいでしょう。

 

専業主婦もOK

みずほ銀行ローンであれば、専業主婦の方も借りる事が可能となっているので、専業主婦の方で急ぎでお金を借りたい場合は、みずほ銀行カードローンに申し込みするといいですよ。

 

≫みずほ銀行公式サイトへ

 

≫住信SBIネット銀行公式サイトへ

 

まとめ

急ぎでお金を借りるのであれば、まずは消費者金融アコムのカードローンに申込みするのが最も良いと思います。土・日・祝日も利用する事が出来ますし、とにかく対応がスピーディーとなっているので、急ぎの時でも助かります。

 

初めての方は、30日間無利息で利用できるといった点も大きなポイントです。30日以内に全額返済する事が出来るのであれば、利息0円という事ですからね。

 

お仕事をされていない、専業主婦の方は利用する事が出来ませんが、それ以外の方(20歳以上で安定収入のある方)は、急ぎの時はまずアコムに申込みしてみるといいでしょう。

 

専業主婦の方は、みずほ銀行の口座を持っていれば、最短即日融資も可能となっているので、みずほ銀行のカードローンに申込みするといいですよ。

 

注意点

急ぎでお金が必要だからと言って、複数のカードローンを同時に申し込む事はしないように注意して下さい。
なぜかと言うと、複数社に申し込む事によって、審査に通りにくくなる可能性があるからなんです。

 

急いでいる場合は、借りれるところがあるのならどこでもいい、と思ってしまいがちです。その為、複数のカードローン業者に連続で申込して審査に通ったところから借りればいいか、と考えてしまいますよね。

 

この場合、最悪一つも審査に通らないなんて可能性もあり得ます。1社だけに申込みしていたら審査に通っていたのに、複数社申し込む事によって全て審査に通らない…なんて事も。

 

そうならない為にも、申込みはまず1社に絞ってからするようにした方がいいですよ。

 

消費者金融は恐い!?

消費者金融と聞くと、ちょっとイメージ的に危険なのでは?って思う方も多いと思います。テレビや映画の影響で「消費者金融会社=怖い」って感じた方もいるんではないでしょうか?

 

でも、実際のところは消費者金融会社も立派な金融機関です。特に大手の消費者金融機関であれば銀行と同じように、安心・安全に利用する事ができますよ。

 

違法な金利を請求されたり、怖い人が取り立てに来るといった事も無いので安心してください('ω')ノ
ちなみに、このような事をされたら違法なので、すぐに警察に相談するといいですよ。

 

学生でも借りれる

カードローンは、大学生や専門学生など学生の方でも利用する事が可能となっています。ただし、すべての学生さんが利用できるといった訳ではありません。

・20歳以上
・収入がある

上記2点の条件が必要となります。つまり、『未成年者の方・アルバイトなどをしていなく、収入が無い方』はカードローンでお金を借りる事が難しくなっています。

 

20歳以上でアルバイトなどをしている、大学生・専門学生の方がカードローン利用の対象者となっています。もちろん、女子学生の方も条件を満たしていれば利用可能ですよ。

 

家族にばれない?

学生の場合、父親・母親には絶対にばれたくない!といった方も多いと思います。やはり、両親など家族には知られたくないことですからね。

 

学生がカードローンに申込した場合、父親や母親に連絡が入る事は無いのか?やはり、学生なので両親に確認の電話連絡がありそうな気がしますよね。

 

でも、実際のところは、親に連絡が入るようなことはありません。もちろん、兄弟・姉妹に連絡が入るような事もありません。

 

プライバシー面を考慮してくれるので、学生の方が申込した場合でも、家族に連絡が入る事は無いので安心して大丈夫ですよ。

奨学金を借りている場合は?

学校の奨学金を借りている学生の場合、銀行や消費者金融のカードローンを利用する事ができないのか?といった点なんですが、奨学金を借りている学生でも、カードローンを利用する事は可能です。

 

奨学金ですでにお金を借りているからダメなのでは…?って思ってしまうかもしれないですが、奨学金は全くの別物なので、カードローン利用に支障はありません。

 

ただ、奨学金は卒業後に返済していかなければならないので、カードローンと合わせて利用する場合はしっかりと計画性を立てて借りるようにしましょう。